TOP

矯正歯科

  1. ホーム
  2. 矯正歯科

気になる歯並びの乱れを整えましょう~矯正治療~

画像

歯並びの乱れが気になって笑顔をためらっていませんか? 健康的で美しい歯並びに憧れませんか? きれいな歯並びは笑顔を引き立てます。矯正歯科治療を行えば思いっきりの笑顔になれるはずです。

こちらでは、佐賀県武雄市の歯医者「医療法人 池田歯科」が矯正治療の必要性について、そして子供と大人の矯正歯科についてその特徴などをお伝えします。矯正装置には目立ちにくい種類もありますので、ぜひお気軽に当院へご相談ください。

矯正歯科の必要性

歯並びや咬み合わせを乱れたままにしておくとさまざまなデメリットがあります。お口の健康へのリスクを減らすため、歯並びが気になる方には矯正治療をおすすめします。

子供の矯正と大人の矯正の違い

画像

子供の矯正と大人の矯正の大きな違いは顎の成長を利用できるかどうかです。 成人歯科矯正では歯を移動させますが、子供の矯正治療では顎の健やかな発育を促すのです。
やわらかい物ばかりの食べている現代人は顎が小さくなったといわれています。
硬い物をあまり食べないと顎があまり発達しないので、うまく咬めなくなったり、滑舌に影響を与えたり、顔の形が曲がったりゆがんだりしてしまう可能性があります。

大人になってからこれを治そうとすると外科的処置が必要になり、時間的にも費用的にも負担がかさみがちです。しかし子供のころから治療していれば、顎の骨はまだやわらかいので、矯正治療も比較的かんたんにできるのです。

画像

子供の矯正治療の特徴は、顎の成長をコントロールして歯並びを整えたり、歯列のずれを改善したりできることです。顎を広げて歯の生えるスペースを確保できれば、抜歯を回避することができます。顎の成長のスピードは年齢や性別そして個人で異なりますので、お口の状態によってどの時期に始めたらよいか、どんな矯正装置を使うかなども考えなければなりません。

いつから始めるのか?

お口の状態により異なりますが、「永久歯が生えそろう前」に治療を開始するのが望ましい場合がほとんどです。上顎が急速に成長するのはだいたい7~8歳にかけての1年間です。上顎の成長が遅れている場合は、この時期に健やかな成長を促します。反対に上顎が出ている場合は、成長を抑える処置を行うのです。

このように顎の成長を利用する矯正時期を「第一期治療」といいます。そして永久歯が生えそろってから歯を動かす治療を「第二期治療」といいます。小児矯正では2つの時期に分けて矯正治療を行うことがほとんどです。

どれくらいの期間がかかるのか?

「第一期治療」は永久歯が生え始める6歳ころから生えそろう12歳ころまでの期間で行います。実際にどのくらいの期間がかかるかは、子供の顎の成長具合に左右されるので個人差があります。

「第二期治療」は永久歯が生えそろってから、一本一本の歯にブラケット(小さい矯正装置)を装着し、そこにワイヤーを通して歯を理想の位置に動かします。その期間もお口の状態により個人差があります。

子供の矯正歯科のメリット
  • 顎の成長を利用できます
  • 抜歯の可能性を減らせます
  • 矯正期間の短縮が可能です
  • 顎の健やかな成長を促せます
  • コンプレックスに悩まずに済みます

画像

歯並びが乱れていると見た目があまりよくありません。以前は個性的と思われていた八重歯も最近は治療する人が増えています。歯並びが整っていると咬み合わせも整いやすく、汚れも落としやすいので虫歯や歯周病予防にもつながります。また咀嚼(そしゃく)の力がそれぞれの歯にかかり、偏った過度の力が一部分の歯にかからないので、それまで歯並びが乱れていたため大きな負担がかかっていた歯の寿命を延ばすことにもつながります。お口全体の健康のためにも矯正治療を受ける方が増えているのです。

いつから始めるのか?

大人の矯正治療の場合は、いつからでも始められます。顎の成長は止まっているので、歯を動かすことに集中でき、治療計画を立てやすく、矯正治療がスムーズに進むのが成人歯科矯正の特徴です。「矯正治療しようかな?」と思ったときが始めるタイミングです。

どれくらいの期間がかかるのか?

お口の状態により個人差がありますが、目安としては2~3年間は矯正装置を装着していただくとお考えください。歯が理想の位置に動きましたら、あと戻りを防ぐために数年間、保定装置を装着していただきます。これは取り外し可能な装置で、歯みがきや食事の妨げにならないのでご安心ください。

大人の矯正歯科のメリット
  • 自分の意志で治療に取り組むのでケアもでき、治療の効率が高くなります
  • 歯を動かすことだけに集中できるので治療プランを立てやすくなります
  • 治療装置のメリット・デメリットをふまえて自分で選択ができます
メタルブラケット

画像

もっとも一般的な矯正装置で、小さな金属のブラケットを歯の表面に取りつけ、そこにワイヤーを通して歯を理想の位置に動かしていきます。さまざまな症例に対応可能なうえほかの矯正装置にくらべて安価です。メタルなので目立ち、金属アレルギーの心配がありますが、丈夫で壊れにくいブラケットです。

セラミックブラケット

画像

セラミック製のブラケットは歯の色に近いのであまり目立ちません。仕組みはメタルブラケットと同じです。ブラケットが目立ちにくいので、白いワイヤーと組み合わせるとさらに目立たなくなります。治療費が比較的割高ですが金属アレルギーの心配がありません。

マウスピース矯正

画像

透明なマウスピースを装着して歯を動かしていく方法です。採取した歯型をもとに一定期間ごとにマウスピースを取り替えて歯を理想の位置に移動させます。歯並びや咬み合わせによっては使用できませんが、透明なので目立たず、取り外せるので食事や歯みがきをいつもの通りできます。お口の中を傷つけることもほとんどありません。

床矯正

画像

入れ歯のように取り外し可能な矯正装置で、子供の顎の成長を促すために使用します。毎日一定時間装着して顎の大きさを広げていき、歯がきれいに並ぶスペースを確保します。乳歯から永久歯への生え替わりの時期に使用することが多い装置です。取り外しができるので食事や歯みがきに支障がありません。

診療メニュー

  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 一般歯科
  • 歯科口腔外科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医療法人 池田歯科の医院ブログ

歯科タウン

お電話でのお問い合わせ

  • メール
  • 地図

Copyright (C) 2015 医療法人 池田歯科 All Rights Reserved.