TOP

インプラント治療

  1. ホーム
  2. インプラント治療

天然歯に似た咬み心地と見た目を得られます~インプラント治療~

虫歯や歯周病、外傷や事故などさまざまな理由で歯を失うことがあります。そのまま放置してしまうと、となりの歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯がのびてきたりして、歯並びや咬み合わせを乱してしまう可能性がありますので、なるべく早く治療することが大切です。

歯の機能を補う治療法には古くから行われている「入れ歯治療」と、となりの歯を削って支台にする「ブリッジ治療」、そして「インプラント治療」があります。佐賀県武雄市の歯医者「医療法人 池田歯科」では口腔外科の経験や実績が豊富な院長がインプラント治療を行っています。

インプラント治療とは?

画像

顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、それを土台にしてその上にセラミック製の人工歯や特殊な入れ歯を装着して失った歯の機能を補う治療法です。インプラントを埋入するための外科手術が必要ですが、天然歯に近い咬み心地や自然な見た目を得られる治療法で、近年とても注目されています。

インプラント治療のメリット

まるで自分の歯のような感覚です

失った歯の機能を補うための治療法のひとつに「入れ歯治療」がありますが、入れ歯を使ったとき硬い物が咬めないことがあります。また歯ぐきと入れ歯の間に食べかすなどが入ると痛くて強く咬めません。しかし「インプラント治療」を行うとインプラントが顎の骨で安定されるので、まるで自分の歯のような力で食べ物を咬むことできるのです。

歯を見せることへの不安がありません

入れ歯の場合は安定させるためにバネ(クラスプ)がつくことがあり、これが目立つので口元が自然な見た目ではありません。しかし「インプラント治療」の場合にはバネなどの固定装置が不要、または見えないようにつくれるので、より自然な仕上がりにできます。治療していることを気づかれにくいというメリットがあります。

まわりの歯への影響がありません

歯を失ってしまったときの治療法には「ブリッジ治療」もあります。これはとなりの健康な歯を削り、支台にして、橋(ブリッジ)のように連結した歯を装着して歯の機能を補う方法です。そのため、となりの健康な歯に大きな負担がかかります。「入れ歯治療」でも、となりに歯が残っている場合はバネをかけて安定させるのでその支えとなる歯に少なからず負担がかかります。しかし「インプラント治療」の場合は、まわりの歯を削ったり、過度な力をかけたりすることなく治療可能です。

検査・カウンセリング

インプラント治療は新しい技術と設備を必要とする治療です。外科手術が含まれますので安全な治療を行うためには精密検査の結果をもとにした治療プランを立てる必要があります。

レントゲン検査

レントゲン検査で、顎の骨の量は形を正確に把握します。インプラントを埋め込む部分だけではありません。お口全体の顎の骨や歯の状態をチェックします。

口腔内診察

お口全体の健康状態の検査も必要です。虫歯や歯周病などのチェックとともに、歯ぐきの状態や咬み合わせを診査します。

全身状態の確認

外科手術を行うので、全身の健康状態もお伺いします。高血圧や糖尿病、そのほかの全身疾患について、そして常用薬を服用している方もお知らせください。

治療の流れ

治療の流れ

精密検査のデータをもとにカウンセリングを行い、患者様の同意を得た治療プランに沿ってインプラント治療を開始します。こちらではインプラント埋入手術前の診断からインプラント埋入を経て、メンテナンスまでの治療の流れをご説明します。

STEP1手術前の診断

レントゲン撮影だけでなく歯科用CTによる詳細な顎の骨の状態確認をします。またインプラント(人工歯根)を埋め込む位置の確認のためお口の中の型を取り模型も作製し、模型上で手術の計画を立てます。

次へ

STEP2一次手術

インプラント埋入手術には1回法と2回法とがあり、基本的な方法では埋入手術は2回に分けられます(2回法)。一次手術では麻酔をしてから顎の骨に穴をあけインプラントを埋め込み、蓋をして粘膜を被せます。これが2回法の1度目の外科手術です。

顎の骨の状態により、1回でインプラントを埋入することがあります(1回法)。その場合は、インプラントの蓋に粘膜は被せません。どちらの場合もインプラントが顎の骨の中で安定するまで治癒期間を設けます。

次へ

STEP3二次手術

2回法の場合は、治癒期間終了後ふたたび粘膜を切開し、インプラントに大きめの蓋を取りつけます。そして歯肉が治癒するまでしばらくの期間を設けます。

次へ

STEP4仮歯装着

歯肉の治癒を確認したら、仮歯をつくり装着し、実際に使用していただきながら装着感や形態、咬み合わせをチェックします。

次へ

STEP5人工歯の装着

仮歯の装着で得た情報をもとに人工歯をつくります。まわりの歯の形や色などにも合わせて作製し、装着して完成です。

次へ

STEP6メンテナンス

治療が終わりましたら、その状態を保つために定期的なメンテナンスをおすすめします。毎日の歯みがきケアとともに、歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアを受け、お口の健康を守りましょう。

PICK UP!費用について

「インプラント治療」は自費診療ですので高額なイメージがあるかもしれません。確かにインプラント1本とその上の人工歯の費用合計は30万円~50万円だといわれています。ここでちょっと見方を変えてみます。もし60歳でインプラント治療を受けたとします。そして80歳までその歯を使うとしましょう。すると食事回数の総数は、2万回強です。

1日3回×365日×20年=21,900回

もしインプラント治療が40万円だとすると、
1回の食事あたりで考えると単純計算で18.26円となるのです。

つまり1回の食事に20円弱のお金を加算するだけで、自分の歯に近い咬み心地や見た目が得られるといえます。入れ歯の不自然さや咬みにくさを思い浮かべると、「インプラント治療」は一概に高額だとはいえないのではないでしょうか? ぜひ検討の際の参考にしていただければと思います。

診療メニュー

  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 一般歯科
  • 歯科口腔外科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医療法人 池田歯科の医院ブログ

歯科タウン

お電話でのお問い合わせ

  • メール
  • 地図

Copyright (C) 2015 医療法人 池田歯科 All Rights Reserved.