TOP

小児歯科

  1. ホーム
  2. 小児歯科

子供を虫歯から守りましょう~小児歯科~

画像1

虫歯になってしまい悪化させると痛みに悩まされます。そして治療を受けると虫歯の痛みはなくなりますが、治療による歯へのダメージも受けるうえ歯医者に通院しなければなりません。そんな思いを大切なお子さんにさせたくないですね。

薄く小さくやわらかい子供の歯は抵抗力が弱いので虫歯にかかりやすいのが特徴です。でも「乳歯はそのうち抜けて永久歯に生え替わるから」と虫歯を放っておいてはいけません。

こちらでは、佐賀県武雄市の歯医者「医療法人 池田歯科」が小児歯科についてお伝えします。

小児歯科の必要性

画像1

乳歯は永久歯よりも歯質がやわらかいので、虫歯にかかってしまうとその進行速度も早いのが特徴です。放っておくとお口の中は虫歯になりやすい環境が保たれてしまい、これから生えてくる永久歯にも影響を与えかねません。また虫歯で乳歯を失ってしまうと、永久歯の歯並びを乱す可能性が高くなるのです。

小児歯科では虫歯になってしまってからの「治療」はもちろん、「予防」のための処置を行っています。「痛くなってから」の通院ではなく、「痛くならないように」、虫歯予防の定期検診がおすすめです。虫歯を予防できれば、虫歯の痛みも治療の負担もかかりません。虫歯になってしまっていても定期検診を受けていれば早期発見・早期治療ができ、治療も比較的軽くて済みます。お子さんの歯を守るお手伝いをしますので、当院にご相談ください。

小児歯科診療メニュー

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の表面にフッ素化合物を塗布して、歯質を強くし、歯の再石灰化を促します。虫歯菌の出す「酸」に強い歯をつくります。生えたての乳歯や永久歯はとくにやわらかいのでフッ素塗布がおすすめです。虫歯予防効果を持続させるために定期的に受けましょう。

シーラント

シーラント

奥歯の咬み合わせる面には細かい溝があります。この溝は汚れがたまりやすく歯ブラシも届きにくいので、虫歯にかかりやすい部位です。そこをあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋めて、虫歯を予防します。

歯みがき指導

歯みがき指導

お口の状態は一人ひとり異なるうえ、お子さんの発育段階もまちまちです。虫歯予防に欠かせない毎日の歯みがきを効果的に行うための歯みがき指導をします。親御さんには仕上げみがきのコツをお話ししますので、毎日のケアに役立ててください。

PICK UP!歯医者さんに抵抗なく通えるように

歯医者での治療や予防はお口の健康維持に欠かせません。しかし、もし子供が歯医者嫌いになってしまうとたいへんです。歯医者に通えなくなってしまい、予防処置も治療も受けられなくなることで虫歯が進行し痛みが増したり、お口の健康がどんどん損なわれたりしていくでしょう。そうならないようにするために、子供が歯医者に苦手意識を持たないようにしましょう。大切なお子さんを虫歯から守るために気をつけていただきたいポイントをご紹介します。

まずは歯科医院選びです。子供に慣れた歯医者を探しましょう。キッズスペースを設けていたり、子連れでの通院ができる歯科医院がおすすめです。歯科医院を決めたら、お子さんには歯医者で行うことの大切さを伝えてください。黙って連れて行くのではなく、「やさしい歯医者さんのところに行って虫歯をやっつけてもらおうね」などと、治療や予防の大切さをわかりやすく伝えましょう。

親の緊張は子供に伝わります。歯医者さんに着いたらまず親御さんがリラックスしてお子さんにも楽しい気分になってもらいましょう。不安な気持ちにさせてはいけません。お子さんの話を聞いて、わからないことに答えてあげてください。また治療中は「痛くない?」という声かけはやめましょう。「痛い」の言葉に反応して泣き出してしまうことあるからです。

思いっきり褒めてあげましょう。一緒につき添った親御さんだけでなく、ご家族そろって褒めてあげてください。それが次回への自信につながります。もし、泣いてしまって治療がうまくいかなくても叱ってはいけません。次の通院のために励まして、仰向けになってお口を開ける練習などをしてみましょう。このとき大切なのは楽しく行うことです。お子さんの気持ちを大切にしながら遊び感覚で行いましょう。

診療メニュー

  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 一般歯科
  • 歯科口腔外科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医療法人 池田歯科の医院ブログ

歯科タウン

お電話でのお問い合わせ

  • メール
  • 地図

Copyright (C) 2015 医療法人 池田歯科 All Rights Reserved.