TOP

医院ブログ

  1. ホーム
  2. 医院ブログ一覧
  3. 医院ブログ詳細

治療した歯がまたむし歯に!?

●大人に多い二次う蝕

 治療した歯が再びむし歯になってしまうことを二次う蝕と言います。

 むし歯には、かぶせ物やつめ物を入れる治療をします。治療後時間が経過すると、かぶせ物と歯肉との境目にすき間ができ、むし歯菌が侵入して二次う蝕になってしまうことがあります。

 治療した歯はむし歯にならない、そう思っていませんでしたか?実は治療した歯が再びむし歯になるのは珍しくありません。大人のむし歯は二次う蝕の場合が多いので特に注意が必要です。


●二次う蝕がおよぼす影響
 かぶせ物との境目は汚れが溜まりやすいため、むし歯になってしまうだけではなく、歯周病も進行しやすくなります。

 また、むし歯が神経に近づきすぎたり神経に達してしまうと、神経を取らないといけなくなってしまいます。



●二次う蝕は気づきにくい
 かぶせ物と歯肉の境目やつめ物と歯の境目は、むし歯の原因となるプラーク(歯垢)がたまりやすいので、毎日の歯みがきで念入りにケアしましょう。

 二次う蝕になると、かぶせ物やつめ物の境目の部分が黒く変色したり、気づかないうちにかぶせ物やつめ物の下で進行していることもあります。

 自分では見つけにくいので、定期的に歯科検診を受けましょう。また、かぶせ物やつめ物が外れたり違和感を感じたら、放置せず早めに歯科医院で受診しましょう。

 もちろん、自宅でのセルフケアも大切です。歯ブラシに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシ、マウスウォッシュも活用しましょう。

一覧へ戻る

診療メニュー

  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 一般歯科
  • 歯科口腔外科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 入れ歯

医療法人 池田歯科の医院ブログ

歯科タウン

Copyright (C) 2015 医療法人 池田歯科 All Rights Reserved.